〒559-0002
大阪市住之江区浜口東
2-5-14
TEL 06-6671-2500
FAX 06-6671-2611

○ケアマネージャー(介護支援専門員)

<どんな資格?どんなお仕事?>
介護保険の利用者やその家族との相談、また、介護保険利用者の希望やの心身の状態等を十分に考慮し、介護利用者に最適な介護プランを作成します。作成後は市町村、在宅サービス事業者、介護保険施設等との連絡調整を行い、介護保険利用者のフォローを行うお仕事です。
<資格を取るには?>
「ケアマネージャー試験」に合格しなくてはなりません。 この試験を受験するためには、法律に定められた受験資格が必要です。お持ちの資格によって「実務経験」が5年または10年以上必要です。

    1、実務経験が5年必要な資格取得者
    ア)次の資格を有する者
医師、歯科医師、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、薬剤師、保健師、助産師、看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、歯科衛生士、言語聴覚士、栄養士、管理栄養士、義肢装具士、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師
    イ)様々な施設で、相談援助を仕事をしている者
    ウ)介護等の仕事をしている者で、社会福祉主事任用資格取得者、ホームヘルパー2級の研修を終了している者。
    2、実務経験が10年以上必要
上記1の者意外で、介護等の仕事をしている者。

○精神保健福祉士

<どんな資格?どんなお仕事?>
「うつ病」「出社拒否」「燃え尽き症候群」…。こうした“心の病”で他者の助けを必要とする人たちの相談にのり、問題解決や自立に向けた手伝いをするお仕事です。
<資格を取るには?>
以下の11コースにわかれます。

    1、大学(短期大学を除く)、大学院若しくは専修学校の専門課程(修業年限4年以上のものに限る。)において厚生労働大臣の指定する精神障害者の保健及び福祉に関する科目を修めて卒業する。
    2、短期大学(修業年限が3年であるものに限る。)、専修学校の専門課程(修業年限3年以上のものに限る。)において指定科目を修めて卒業した者であって、指定施設において1年以上相談援助の業務に従事する。
    3、短期大学、専修学校の専門課程(修業年限2年以上のものに限る。)において指定科目を修めて卒業した者であって、指定施設において2年以上相談援助の業務に従事する。
    4、大学、大学院若しくは4年制専修学校において厚生労働大臣の指定する精神障害者の保健及び福祉に関する基礎科目を修めて卒業し、若しくは修了した者において6月以上精神保健福祉士として必要な知識及び技能を修得する。
    5、短期大学(修業年限が3年であるものに限る。)、専修学校の専門課程(修業年限3年以上のものに限る。)において基礎科目を修めて卒業した者であって、指定施設において1年以上相談援助の業務に従事した後、精神保健福祉士短期養成施設等において6月以上精神保健福祉士として必要な知識及び技能を修得する。
    6、短期大学、専修学校の専門課程(修業年限2年以上のものに限る。)において基礎科目を修めて卒業した者であって、指定施設において2年以上相談援助の業務に従事した後、精神保健福祉士短期養成施設等において6月以上精神保健福祉士として必要な知識及び技能を修得する。
    7、社会福祉士であって、精神保健福祉士短期養成施設等において6月以上精神保健福祉士として必要な知識及び技能を修得する。
    8、大学を卒業した者であって、精神保健福祉士一般養成施設等において1年以上精神保健福祉士として必要な知識及び技能を修得する。
    9、短期大学(修業年限が3年であるものに限る。)を卒業した者であって、指定施設において1年以上相談援助の業務に従事した後、精神保健福祉士一般養成施設等において1年以上精神保健福祉士として必要な知識及び技能を修得する。
    10、短期大学若しくは高等専門学校を卒業した者であって、指定施設において2年以上相談援助の業務に従事した後、精神保健福祉士一般養成施設等において1年以上精 神保健福祉士として必要な知識及び技能を修得する。
    11、指定施設において4年以上相談援助の業務に従事した後、精神保健福祉士一般養成施設等において1年以上精神保健福祉士として必要な知識及び技能を修得する。

○福祉住環境コーディネーター

<どんな資格?どんなお仕事?>
福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザー。生活者の視点に立って、福祉の観点から住環境を整備していく、新しい専門職です。医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスするお仕事です。
<資格を取るには?>

「福祉住環境コーディネーター検定試験」に合格することで取得できます。2級、3級については受験制限はありません。1級については2級合格者である必要があります。

○レクリエーションインストラクター

<どんな資格?どんなお仕事?>
高齢者や身体障害者など、保護や援助が必要な方の相談やアドバイス、指導を行うお仕事です。
<資格を取るには?>

    1、大学等において厚生労働大臣の指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業する。
    2、厚生労働大臣の指定する養成機関または講習会の課程を修了する。

○福祉レクリエーションワーカー

<どんな資格?どんなお仕事?>
心身に障害を持つ人や高齢者などが、レクリエーションを通じて、自己実現の喜びや生きがいを見出すことができるように手助けするお仕事。具体的には、福祉施設などにおいて実施される「レクリエーションタイム」を楽しく提供できるよう、その企画・準備・運営を担当する。また、地域と福祉活動の連携が図れるイベントの企画や運営、さらにはボランティアスタッフの養成やコーディネートも行います。
<資格を取るには?>

「レクリエーション・インストラクター」の資格を保有しているなどの受講資格を満たしたうえで、日本レクリエーション協会が実施する指定の通信講座などを受講する。資格認定試験をクリアして、登録手続きを行うことで「福祉レクリエーション・ワーカー」の資格が取得できる。

<<<戻る

Copyright(c)G.K.S.C All Rights Reserved.